ページメニュー

image

すべては環境から

image
子どもの育ちを高めるには、こどもたちが十分に配慮された空間に身をおくことによって、自発的にあそびが取り組めたり、周囲のできごとに自ら気づき学んでいくことができるのです。園では、「子どもにも保育者にも心地よい生活空間」をどのように提供するかという課題に取り組んでいます。

保育方針

個々の子どものリズムに配慮し、動的な生活空間・静的な生活空間を考えた保育環境を提供し、
能動的な活動を育てていきます。

・人の成長・発達の基礎ともなる、様々な場面や状況を受けとめたり人からの働きかけを受け入れたりする『うけいれる力』
・自発的に試行しながら自らの取り組みを確かめられる『とりくむ力』
・「もの」「ひと」「じぶん」の相互の関係を意識して生活世界に働きかけられるように『むかう力』を高めています

保育目標

子どもたちが落ち着いて自分を表現できる生活を大切にします
具体的な経験を通して探索活動を育て、達成感を味わえる働きかけをしていきます
子どもの気持ちを受け入れ、基本的な生活習慣や人への信頼関係を育てます
大人との相互の関係を育み合うことによって、豊かな生活世界を拡げていきます